残価設定の落とし穴

みなさんは残価設定ローンというマイカーローンを聞いたことがあるでしょうか。これは最初にローンを組むときの負担額を低く抑えるために、あらかじめ3~5年後の車の買取価格を車体価格から引いた金額でローンを組むというものです。こうすることで月々の負担額を抑えることができます。

 

この残価設定ローンは今、多くの人が利用しているマイカーローンですが、実は気を付けていないと落とし穴、デメリットがあります。

 

まず、考えられるデメリットは、3~5年後の買取額です。基本的に無事故、傷など査定額が下がるようなことがないという条件での買い取り価格となっています。それで、乗っている時に事故に遭遇して修理をしたり、さらには傷が付いたりした場合には残価が減ります。つまり、その分自己負担しなければいけません。

 

また次に考えられるデメリットは金利です。マイカーローンの中でもこの残価設定ローンの金利は高く設定されています。数万円のローンならば、金利が多少高くてもそれほど影響はありませんが、数百万円の場合には金利がちょっとでも高くなると、負担額も数万円という差がでてきます。

 

必ず自分の目的と返済計画に合わせて、マイカーローンを選ぶことが大切です。選び方、比較の仕方が分からない場合には、多くの方がおすすめとする人気のおすすめマイカーローンを見ておきましょう。